除菌道具」カテゴリーアーカイブ

UVC除菌ロボ試作機のメモ

作ったUVC除菌ロボ試作機のメモ。

本体

Raspberry Pi Model B+

cat /proc/device-tree/model
Raspberry Pi Model B Plus Rev 1.2

OS

pi@raspberrypi:~$ cat /etc/debian_version
9.11

ネットワーク回り

基本はwifi。ハードは余っていた古いトングル。無防備にカメラを動かしていると熱暴走でつながらなくなる。トングルに扇風機で風を当てている分には動作する。ファンをつけないとカメラを実運用にのせるには厳しいけれども取り敢えずそのまんま。

なお、移動させないときは有線接続もつかっている。

lsusb
Bus 001 Device 004: ID 0789:0168 Logitec Corp. LAN-W150N/U2 Wireless LAN Adapter

殺菌で使っているUVC部品のメモ

電球単体でかったのはAliから。

かった店ではもう売っていないけどよそでShenzhen Awell Technology Co. Ltdというメーカー製として売っていたものと同じ気がする(スペックがwicm2というワカラナイ単位になっていたり)。ただ、そのメーカーでlinkedinにアカウントがありURLが乗っているがアクセス警告(linkedinのブラックリスト的なものらしい)がでるのでそれ以上アクセスできていない。linkedinのアカウントが怪しい??

CNLightのZW3Z1Wというものの類似品という扱い?wicm2という単位をμw/cm2と読みかえるとスペックがにているので公称30cmで30μw/cm2以上と理解しておけばよさそう。実測はできていないけど間違ってみた時に目がやられるので桁がずれているほどスペックが低いということはなさそう。なお、CNLightのものもウシオのランプよりに較べて公称スペックが明らかに高いので実測値は結構違うかも。

いつもの参考サイトによると、5.1 mJ/cm2 で 99.9% まで不活化程度の論文(査読前)がでている。公称スペックを信じて計算すると、120 cmで7.5 μw/cm2なので666sで99.9%。3分で1/10ぐらい。

コロナ自宅待機用マシーン

家族がコロナにかかるとごはん渡しにいくのも危険ですね。

ということで手持ちのマシンを改造し、「ラジコンのように動く台車(除菌機能付き)」を作成します。もととなるマシンは下のやつ。

家庭内で誰かが感染->自宅内で別の部屋に隔離->ご飯等を台車でリモート運搬->除菌してから家族のもとに台車が帰ってくるというイメージです。

安定してそこそこの値段で収取できる部品の除菌能力が、1mの距離にしいる一般的なウィルスを1/10にするのにかかる時間が150秒程度。

使用するUVC(強力な紫外線)の特色は以下

  • ウィルスや細菌に効果有(参考
  • 効果があるのは紫外線が直接当たったところだけで影になる部分は効かない。
  • 紫外線を浴びると人にも有害(皮膚がん、白内障、大腸がん等)
  • ペット・植物等にも有害
  • プラスチック等の劣化も若干あるので大事なものも注意(1mの距離で夏の屋外程度)
  • 紫外線が出ていない(=ランプが点灯していない)ければ残留物はほぼ無し
  • 紫外線でオゾン(イメージ良いかもしれないが有毒)が若干発生。