コロナ対策の換気メモ

厚生労働省の換気に関する資料をみると一人辺り30立米/hが取り敢えずの推奨値。なお、ゼロリスクということではなく一般事業者がとれる現実的な水準としての値。

同時に10人入れるとして300立米/hの換気。遮光をしたエリアで紫外線使えば余裕をもって殺菌できる量。その3倍ぐらいになったら水銀灯タイプの電球だとオゾンがですぎる気がする。手持ちの電球だと600立米/hぐらいが換気がわりの殺菌ができる現実ライン?LEDタイプだとオゾン発生する波長しぼれている模様なのでオゾンを気にしないで出力あげられる?

なお、一時的な来客増ならば自然/機械換気を積みませる。なのでエアコンの效きが悪くなることを受け入れられる範囲で同時入店人数を増やせる。うちは夏の昼はエアコンいっぱいいっぱいなので+50%も厳しいけどそれ以外の時間は+100%ぐらいは余力あり。

LEDは単品だと電球より高いけれどもソケットが不要になったりするので値段的にはトントンぐらいになると思う。部品が減るので組み立てはむしろ楽?最近聞く人体に影響のない波長のは売っているのを見たことはないけど250nmぐらいのはAliとかで売っている。今のところ供給も安定してそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です