WebSocketにてJSON形式のデータをJavaFXとやり取りしてみる

Glassfish4とJavaFX間でJSON形式のデータをWebsocketにてやり取りしてみたのでメモ。

何ページかに分かれているけど実際にJSONのハンドリングをしている箇所はこちら

サーバサイドはこの前HTMLとやり取りしたものとほぼ同じ。

大まかな動きは以下。なお、表示はリスト形式ではなくてラベルの中身を置換していく形式(表示以外はやっていることはHTMLの時とほぼ一緒)

  1. HTMLからJSONで入力テキストと現在日時を送信。
  2. GlassfishのWebsocketで受信(&Decode)
  3. 受け取ったデータに情報(とりあえずユーザ情報代わりのセッションID)を付与し繋がっているクライアント(JavaFX&この前作ったHTML)全体にJSON形式で返信
  4. JavaFX(またはHTML)で受け取ったデータを表示

データ形式はこの前と同じ。(なので、クライアントはこの前のHTMLとJavaFXで併用できる。)

(JavaFX->glassfishのデータ形式)
{"message":"メッセージ","messageTime":時間(ミリ秒)}

(glassfish->JavaFXのデータ形式)
{"message":"メッセージ","sessionId":"セッションID","messageTime":"HH:mm:ss"}

斜体は変数

Maven

必要な依存関係を追加。(動作確認はeclipse上のM2E)

    <dependencies>
       <!-- JavaFX 2 -->
        <dependency>
            <groupId>com.oracle</groupId>
            <artifactId>javafx</artifactId>
            <version>2.2</version>
            <scope>system</scope>
            <systemPath>${javafx2.home}</systemPath>
        </dependency>
        <!-- Websocket (JSR-356) -->
        <!-- TYRUS-210の対応で1.2にあげている -->
        <dependency>
            <groupId>org.glassfish.tyrus</groupId>
            <artifactId>tyrus-client</artifactId>
            <version>1.2</version>
            <scope>compile</scope>
        </dependency>
        <dependency>
            <groupId>org.glassfish.tyrus</groupId>
            <artifactId>tyrus-container-grizzly</artifactId>
            <version>1.2</version>
            <scope>compile</scope>
        </dependency>
        <!-- JSON Processing (JSR-353) -->
        <dependency>
            <groupId>javax.json</groupId>
            <artifactId>javax.json-api</artifactId>
            <version>1.0</version>
        </dependency>
        <dependency>
            <groupId>org.glassfish</groupId>
            <artifactId>javax.json</artifactId>
            <version>1.0.2 </version>
        </dependency>
    </dependencies>

画面フロー

起動時

開始ボタンしか押せない状態。裏ではWebSocket用のClientEndPointをインスタンス化している。

initial

 

開始ボタンクリック後(の入力欄に文字入力した状態)

入力欄や送信ボタン・終了ボタンが使えるようになる。

bef_send

送信ボタンクリック後

入力メッセージと時間がサーバに送信される。そしてデータを受信したサーバにて加工(といってもセッションID文字列を付加しただけ)されたデータがクライアントに送られ、そのデータがラベルに表示される。

aft_send

 

終了ボタンクリック後

開始ボタンしか押せない状態になる。

closed

 

github:https://github.com/epea/test01/tree/WF_JSON_FX_SINGLE

続き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です