WebSocket(JSR 356)を使ってみる。その1(まずは軽く触れてみる)

EclipseからGlassfishを使う環境は何とかできたっぽいのでWebSocketを使ってみる。

少し前の情報からアノテーションがダイナミックに変わっているので注意。

@WebSocketEndpoint -> @ServerEndpointとかとか(リンク

 

こちらのブログを参考にまずはほぼコピペして動作確認。

キャプチャを簡単にできるかと軽く見てみたけどIE10の開発ツールは特に表示されない模様。

FFのTamperData(プラグイン)では、Connectionがupgradeされていることまでは確認できたけど、upgrade後の動作は見れない模様。コネクションクローズ等も拾えなかった。

WebSocketキャプチャ

(request)

Status=Web Socket Protocol Handshake – 101
X-Powered-By=Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.0  Java/Oracle Corporation/1.7)
Server=GlassFish Server Open Source Edition  4.0
Connection=Upgrade
Sec-WebSocket-Accept=ZjJVgnGKxiMQbZjHxqx5bR7qVGY=
Upgrade=websocket

(responce)

Host=localhost:8080
User-Agent=Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
Accept=text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
Accept-Language=ja,en-us;q=0.7,en;q=0.3
Accept-Encoding=gzip, deflate
Sec-WebSocket-Version=13
Origin=http://localhost:8080
Sec-WebSocket-Key=LLDpCnocJ5IY/JIJfax1mw==
Cookie=JSESSIONID=2718b10db58913be398a83618d52
Connection=keep-alive, Upgrade
Pragma=no-cache
Cache-Control=no-cache
Upgrade=websocket

Chromeのデベロッパーツールでも同様に、Upgradeまでしか拾えない模様。

なお、Wiresharkだとキャプチャできるとのことなので後ほど使ってみる。

 

ちなみに下のようにアノテーションを削った場合は404と素直なエラーがでてくれた。

//@ServerEndpoint(“/hello”)
public class HelloWorld {

Status=Not Found – 404
X-Powered-By=Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.0  Java/Oracle Corporation/1.7)
Server=GlassFish Server Open Source Edition  4.0

1 thought on “WebSocket(JSR 356)を使ってみる。その1(まずは軽く触れてみる)

  1. ピンバック: WebSocket(JSR 356)を使ってみる。その2 | あらぶるトラブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です