取り急ぎのメンテナンス画面

前提

前の業者が完成せずに中途半端に本番環境にのっているECCube、認証もかけずに放置していたらプレスリリースしていた関係かURL直打ちでものが売れてしまったとさ。。
というわけで、慌てて一般の人は見れないようにしてほしいとの電話が。
でも、次の業者は物を見てほしいので業者は見れるようにしてほしいと。

色々突っ込みどころはあるけれども取り急ぎ満たさなければいけない(?)要件は
・一般の人が見ると「まだOPENしてませんよ」に飛ばす
・業者はものを見れるようにしておく。
・触ると色々巻き込まれそうなのでできるだけ今あるものには手を加えたくない

ということで、認証付きのリバースプロキシを経由して認証していない人は告知画面に飛ばすことにする。
業者さんが見る目的なのでSSL証明書はそのままでhttpでアクセスしてもらえば既存webサーバのport番号を変えるだけで既存のものには影響でないつもり。
プロキシは認証処理あるので、インストール/アンインストールを考えるとdockerのopenrestyで作るのがよさそうかな。
同一ホスト上にあるので決裁モジュール等もきっと動いてくれるだろう。

という方針で作業開始。

試験機で

nginx周り

本番機はCentOS7.2。
portやらやら触るのでグルーバルIPあるやつでやらんと混乱しそう。
バックアップ機になる予定で契約だけしているさくらVPSにOSインストールして動作確認からはいる。

yum -y install docker
systemctl start docker
systemctl enable docker
docker pull openresty/openresty
docker run -d -p 80:80 --name proxy openresty/openresty:trusty

きっと公式っぽいopenrestyのイメージ。最初タグ無し(latest)でpullしたけれどもUsageにはopenresty/openresty:trustyとなっていたのでこっちを利用。

ここでサーバのIPでhttpアクセスすると、起動はしている。
とりあえず中に入って確認。

docker exec -it proxy /bin/bash

多分、/usr/local/openresty/nginx/conf/nginx.conf
だけいじれば大丈夫そう。そのままいじってもいいけど、入っているエディタがvimでなくviで嫌いなのでコピー

docker cp proxy:/usr/local/openresty/nginx/conf/nginx.conf nginx.conf
vi nginx.conf

中身はこんな感じ

    server {
        listen       80;
        server_name  localhost;

        proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
        proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_set_header Host $http_host;
        proxy_redirect off;

        #charset koi8-r;

        #access_log  logs/host.access.log  main;
        location /auth.html {
          access_by_lua_block{
            ngx.header['Set-Cookie'] = 'gyousya=desu; path=/'
          }
          root   html;
        }

        location /kokuchi.pdf {
          root   html;
        }

        location / {
            root   html;

            rewrite_by_lua_block{
              local cookie_val = ngx.var.cookie_gyousya
              if (not cookie_val) then
                return ngx.redirect("https://www.rocher.kyoto.jp/")
              end
            }
            proxy_pass http://49.212.208.218:8081;
        }

location /auth.htmlに来た時にクッキーセットして
location / でクッキーがNilだとよそに飛ばす。
本来だとkokuchi.pdfに飛ばすけど告知分まだできていないということで自分の店に。

上の方のproxy_set_header系は後ろにあるapacheがリモートアドレス拾えるように。

proxy_passはhostのグローバルIP直接指定。

docker cp nginx.conf proxy:/usr/local/openresty/nginx/conf/nginx.conf

コンテナにコピー。コンテナへのコピーも今はできるのね。。

apache

apacheの設定も一応。ECCubeのドキュメントチラ見した感じだと必要なさそうな気もするけど元のIPもapache本体でも。実際にはheaderにX-Forwarded-For系がついていれば大丈夫そう。

#httpd -M | grep remoteip
 remoteip_module (shared)

yumで取りあえず入れたやつだけどmod_remoteip入っている。
本番機もyum(chefでpackage install)でやっているのできっと入っているはず。(未確認)

こちら参考に設定。

SSL止めてないけど明日。
EC-Cubeの動作確認していないけど、本番機(という名の残骸)に明日は直接設定。
動作確認は元々動いていないので難しいかな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です