京町屋カルテできました

先日、京都市景観まちづくりセンターさんにお願いしていた京町屋カルテできあがりました。

個人情報結構はいるのでまずは抜粋(をコピペって来ようとしたらコピペするとうまくいかないみたいなのでペチペチと手打ちしていく)

1.由緒、沿革

北村家は、 伏見区の両替通(銀座通)を、毛利橋通から北に上がった西側に位置する。京阪電車の丹波橋駅と伏見桃山駅のほぼ中間に立地する。
伏見は、豊臣秀吉の伏見築城により現在の町割りの基礎ができ、水路・陸路の交通の要衝として発展した。

 

親子三人で使いきれていないスペース。 (間取り図

 

一部は、ジム事務所兼マシンルームとして使っているけど、明らかにデットスペースだらけ。

そもそも五右衛門風呂の跡地入れて風呂3個とか明らかに過剰。

 

クライミングジム開店準備でバックヤードとしてある程度は有効利用できているけどそれも1~2カ月の話だし、資金に余裕で来たら整備していきたい。

希望としてはバックパッカー系の人がそれほど値段気にせずに落ち着けるような安めの宿にしたいけどしばらく先にはなっちゃうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です