dockerで起動したdnsmasqとvagrant(libvirtd)のdnsmasqがport競合

dockerでdnsmasqを手軽に起動しようとしたら53番がすでにうまっていた。
なにで使っていたっけとみてみるとvagrant(libvirtd)が内部で使用する用のdnsmasqがすでに立ち上がっていた。

ググってみたところhostで直接dnsmasqを立てているときの解決法はでてきた。

起動準を気にしないでお異様にlibvirt側の設定からリッスン(バインド?)するのを絞って(+docker側でも絞って)競合しないようにしたいけど、上の解決策が公式にあるってことは、libvirtの設定でlibvirtのdnsmasqをいじるのは難しいのかな?libvirtのdnsmasq.confは自動生成だから直接これを変わっていいものでもなさそうだし。

最近はdockerばっかでvagrant触ることもほとんどないのでとりあえず止めとくか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です