GlassFish4インストール(Eclipse4.2 Juno連携)

先日リリースされたGlassFish4をインストールしてEclipse(4.2/Juno)と連携する。

 

GlassFish4インストール

まずは、GlassFish4をダウンロード。

https://glassfish.java.net/download.html

1

 

ダウンロードしたZipを任意フォルダに展開。

展開されたフォルダ配下にある./glassfish4/bin/asadmin.batをダブルクリック実行。

起動コマンド

start-domainで起動実行

起動実行引数

http://localhost:4848/

にアクセスしDomain->Administrator Passwordからパスワードを設定。

パスワード変更

 

取り急ぎGlassFishのインストールはここまで。

 

連携用Pluginインストール

updateサイト(http://download.oracle.com/otn_software/oepe/juno)から

GlassFishツールをインストール。

Update Manager

更新サイトアドレス

選択プラグイン

インストール後eclipseの再起動を求められるので再起動を実行する。

 

Eclipse上でのサーバ・プロジェクト設定

(サーバ設定)

ファイル->新規->その他->サーバー->サーバーを選択。

8

 

サーバの種類選択画面が出るのでGlassfish4.0を選択

9

 

設定を聞かれるのでJREとGlassFishのインストールディレクトリを指定

10

 

管理者のIDとパスワードを指定

11

 

(プロジェクト設定)

ファイル->新規->動的WebProjectを選択。

名前を任意入力し次へ

12

 

そのまま次へ

13

 

web.xmlデプロイメント記述子の生成にチェックをいれて完了

14

 

疎通確認用に作成したプロジェクトのWebContent配下にindex.htmlを作成。

16

 

サーバタグから、GlassFishに作成したプロジェクトを追加。

17

 

サーバタグのGlassFishに関するステータスが「始動済み、同期済み」となっていることを確認し

プロジェクトのトップページ(http://localhost:8080/プロジェクト名/)にアクセス。

作成したhtmlが表示されていれば疎通はOK

18

 

使い出しなので誤りあるかもしれませんが、気づいたら順次修正します

 

07/09追加

Debugができなかったらリンク先の手順も追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。